視能訓練士になる方法|プロフェッショナルを目指せ

目の健康管理を行う職業

適切な検査と訓練を行う為

男性

視能訓練士は医師の指示の下で視力機能に障害がある人に対して、回復の為の検査や訓練を行うことが出来ます。
子供から大人まで幅広い年代の目の健康を守るという、大きな役割を果たせる職業です。
視能訓練士は昭和46年に視能訓練士法という法律に基いて、国家資格を有する職業として認定されています。
視力機能に障害がある人だけではなく一般検査分野でも、視能訓練士は業務に携わります。
視力や屈折や眼圧や視野や眼底や前眼部を写真撮影を行い、角膜形状検査や電気生理検査や超音波検査を行う眼科診療の検査全般を担います。
また斜視や弱視などの視力機能に障害がある人の、視力機能を回復させる為の検査訓練も行います。
視能訓練士は国家資格なので年に1度実施されている国家試験に、合格する必要があります。
視能訓練士の受験資格は高校卒業後に3年以上指定されている養成施設での教育課程を終えた人や、大学や短大卒業以上で視能訓練士の養成所に1年以上修業した人または、外国の視能訓練士の学校を卒業した人に受験の資格が与えられます。
資格取得後は大学病院や国公立病院や、眼科医院での業務を行うこととなります。
少子高齢化の流れもあり視力機能低下を抱える人は増え続けていて、視能訓練士の需要は高まっています。
資格が制定された当初は視力機能に障害がある人に向けた専門的な検査や訓練が主な業務でしたが、最近は眼科一般検査の業務も行い活躍の場は広がりつつある職業です。
視能訓練士になりたいと考えている人はまず、インターネットで養成施設について調べてみてはいかがですか。

今後需要が多くなる職種

女の人

一般にはあまり知られていない医療系の資格の中に、視能訓練士というのがあります。
目の病気にかかったことがなくても、コンタクトを作るときに眼科診療所に行ったことがある人はたくさんいるのではないでしょうか。
その時、視力測定したり、眼圧を測ったり診察の前に検査したことでしょう。
その検査を担当するのが、視能訓練士です。
眼科の一般検査は、視力や視野、屈折などを調べます。
他にも、眼圧や眼位、眼球運動なども調べていくのです。
さらに、超音波検査や電気整理学、眼底写真撮影などを行います。
眼科医が正確な診断を行うには、この検査が重要であり、そのデータが正確なものでなくてはなりません。
かなり専門的な知識や、検査機器を扱う技術も必要になります。
これらのことから、視能訓練士は眼科診療チームの専門家として重要な役割を担っているといえます。
視能訓練士になるには、3つの方法があります。
まず、視能訓練士は国家資格ですので、国家試験の受験資格を得る必要があります。
受験資格を得るには、高校卒業後、専門学校に3年以上通うか、大学・短大または医療保育系の専門学校で指定科目を履修したのち、視能訓練士の専門学校を1年通います。
また、外国で視能訓練士養成学校を卒業しても日本の国家試験を受けることができます。
視能訓練士の人数はまだまだ少なく、高齢化社会の世の中で、今後も眼科疾患患者が増え続けることで、需要は増えていくでしょう。
当直や残業がなく力仕事が少ない職種ですので、女性の比率が高く結婚後も働きやすい職種です。

眼は大切な器官

女性

視能訓練士は、国家資格を持っている医療技術者のことを指します。
眼科医師の指示を受けながら視能検査や斜視、弱視の訓練治療も行なっています。
視能訓練士になるには、大学、短大、看護学校卒業の場合は一年以上、高卒の場合では三年以上の所定の教育課程をこなし、国家試験に合格するといった流れが必要となります。
視能訓練士は、視能検査と視能検査の専門家で子供からお年寄りまでの目を守るためのエキスパートです。
眼科診療の中には、遠視や乱視などの屈折異常の検査、視界が良くなるようなメガネやコンタクトレンズの処方をするための検査を行います。
視能検査の分野では、両方の目に異常を持った斜視や弱視の患者さんが良くなるように訓練を行なったり、必要な検査などを行なったりしています。
検診では、目の異常の早期発見や予防するための健診業務にもかかわります。
また、高齢化社会や生活習慣病などの増加に伴い、視機能が回復しない人に対してのいろいろな指導も行います。
視覚は、生まれた直後から発達が行なわれていきますが、体の発達と違い、かなりのスピードで発達をして9歳ごろまで続きます。
この期間では、視力にとって良い刺激も悪い刺激も敏感に感じ取っていきます。
この時に悪い刺激を受ければ、弱視になる可能性もあったりします。
このような場合などでは、早くに早期治療などを行う必要があります。
視能訓練士は視覚の発達がどれだけ重要なのかを認識しておく必要があります。
いまは子供向けに乳幼児の健診に参加して視覚障害の早期発見などを促す活動も行なうような役割も果たしています。

大切な目を守る専門家

眼

視能訓練士は人間の大切な目となる視力を低下させないように、または視力を回復させていくために取り組む専門家です。視能訓練士になろうとするのであれば、受験資格を得て国家試験に合格し、視能訓練士法に基づく国家資格を取得しなければなりません。

もっと読む

眼科検診のスペシャリスト

ウーマン

視能訓練士は、視機能に関する障害の機能回復訓練や各種眼科検査などを担当する職種です。業務が専門的になるにつれて眼科医との分化が進み、需要が増加しています。資格は国家資格となっており、指定された養成施設で必要な単位を修めると国家試験の受験資格が得られます。

もっと読む

医療の国家資格を取りたい

勉強道具

医療関係の資格で人気を集めているのが視能訓練士です。視能訓練士になれば目のリハビリを行うことができます。資格を取得するには、大学か専門学校で3年以上学ぶか、視能訓練士の養成施設で1年以上学ぶのが受験条件で、試験に合格すれば取得できます。

もっと読む