視能訓練士になる方法|プロフェッショナルを目指せ

医療の国家資格を取りたい

医療関係の資格取得

勉強道具

人の健康や治療、リハビリのサポートができる資格の取得が最近人気を集めています。
医療関係の資格は様々なものがありますが、注目を集めている資格に視能訓練士があります。
視能訓練士とは目の機能回復のため、矯正訓練を行える人のことで、業務を行うには国家資格の取得が必要です。
勤務先は眼科の病院やリハビリ施設が大半で、求人数も多いです。
今後高齢化社会が進むにつれて益々需要が高まる資格の一つです。
視能訓練士の資格を取得するには試験を受けて合格する必要がありますが、受験には条件があります。
高校卒業後、大学や短大、又は専門学校で視能訓練士の受験に必要な養成課程を3年以上学ぶか、視能訓練士養成施設で1年間学ぶことが条件です。
どちらで学ぶ方が良いかは、ご自身に合った方を選択しましょう。
短期間で視能訓練士になることを希望されるなら視能訓練士養成施設で学ぶのが良いですし、基礎からじっくり学びたい場合は、大学又は専門学校に通うほうが良いでしょう。
養成施設は全国どこでも学ぶ内容は同じなので、お住まいの近くの養成施設を選んで下さい。
社会人の方でも学ぶことができるよう夜間部もありますので働きながら通うことも可能です。
肝心の資格試験は年1回、東京と大阪で行われます。
筆記試験のみで実技や面接はありませんが、その分合格点が取れるよう、しっかり勉強しましょう。
合格率は平均して80%程度で高いですが、これは養成施設でしっかり勉強されているからです。

必要となる資格を取得しよう

婦人

視能訓練士とは視覚障害のある人の機能の回復や、訓練の指導やサポートを行う仕事です。
そして視能訓練士の資格を取るには、国家試験を受けて合格しないといけないのです。
そのためには専門学校や大学で専門教育を受ける必要があります。
全国に視能訓練士のなるための専門学校や大学がありますが、入学するなら合格できるまで手厚い支援をしてくれる専門学校がおすすめです。
目は人間の身体の中でも非常に重要なもので、機能障害がおこると様々な苦労があります。
視能訓練士はそういった目の悩みを持っている人を支える重要な仕事なのです。
視野が狭くなったり小さな字がぼやけて見えない、あるいは弱視や乱視や白内障など目にまつわる障害や疾患は多岐にわたっています。
視能訓練士になるための専門教育を受けることで、患者の視覚機能を回復させたりメガネを作るときの検査を行ったりと幅広い活動ができます。
また視能訓練士は非常に重要な仕事でありながら、人材が不足しているのです。
そのため希少価値があるので資格を取得すると、病院や眼科や診療所など活躍できる場所も多いのです。
視能訓練士の専門学校での教育は、まず目に関する基本的な知識や機能について学びます。
次に視力検査の方法や矯正の方法や医療機器の使い方など、基礎からみっちり教えてくれます。
視能訓練士の専門学校なら全くの素人でも卒業時には、現場ですぐに活躍できるだけのカリキュラムを組んでいます。
視能訓練士になって社会に貢献できることは大きな喜びです。

目の専門家として働く

男の人

視能訓練士とは、眼科において医師の指示を受けて、目に関する検査や斜視や弱視の治療のための訓練を専門に行う仕事です。
主に病院の眼科や眼科医院に勤務しており、リハビリの現場で活躍する人もいます。
眼科の検査はとても複雑で、検査に使う機械を使いこなし視力・視野・色覚・眼圧などを検査して治療方針を立てる視能訓練士はとても専門性の高い仕事です。
検査の目的や結果の分析を医師に代わって担うことで、より詳しく正確に検査することができるようになります。
視能訓練士のもうひとつの大きな役割は、視能矯正に携わることです。
斜視や弱視、眼球運動の改善を目的として、両眼視機能の回復をはかります。
特に子どもの視能矯正においてはこの訓練によって手術を回避できることが多くあり、視能訓練士による適切な訓練がとても重要です。
さらに、視能訓練士はリハビリにも広く携わります。
リハビリは視能矯正とは違って見え方そのものを改善するのではなく、見え方の問題をルーペや拡大器などの器具を用いてカバーすることが目的となります。
後天的に視能に障害を抱えた人の生活の質を高める大切な仕事です。
視能訓練士になるには、高校を卒業して3年以上または大学・短大・看護学校等を卒業して1年以上決まった教育課程を修め、国家試験に合格することが必要です。
視能訓練士の月給は20万円から30万円程度で平均的な収入と言えますが、その高い専門性が特徴でアルバイトでも時給1300円から1700円程度の高い収入が得られます。
医療の現場でも年々多様化・複雑化・細分化が見られるため、今後一層需要の高まる仕事といえるでしょう。